スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
二日連続亀戸ホルモン
2006/11/30(Thu)
前日に亀戸ホルモンを食べそびれてしまったふくちゃんの

リベンジにと亀戸へr。

今日はダンナとひめもお誘い。

待つ間、亀戸ぎょうざへ。

ビールがうまい。
R0017141.jpg


ダンナ到着、亀戸ホルモンへ。

まずは昨日売り切れていた特上牛タン。

分厚くて、しかもうまい。

ダンナもビックリしていた。
R0017143.jpg

R0017144.jpg


レンガ焼き。

これにはひめもびっくりしていた。

二日連続だが、うまい。
R0017145.jpg


ふくちゃんも、予定の時間から遅くなってしまったので、

やむなく店を後に。

亀戸駅のジュースバーでリセットしながらふくちゃんを迎える。R0017148.jpg


近所の「ガムラン」へ。
R0017152.jpg


シェリー酒とビールチェイサー。
R0017150.jpg


テキーラ。R0017154.jpg


ドライマティーニ。R0017155.jpg


今日はいったいどれだけのカロリーを摂取したのだろう?

などと話しながら豚竜ラーメン。
R0017157.jpg


帰宅後すぐに撃沈。

そうだ、ダイエットせねば。
スポンサーサイト
この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今週初の亀戸
2006/11/29(Wed)
ここのところ、亀戸がマイブームだ。

ふくちゃんが亀戸ホルモンを食べたいというリクエストに

お応えして、亀戸で待ち合わせ。

スーさんも来てくれて、うめちゃんも到着。

ふくちゃんから「遅くなりそう」とのメール。

先にやってましょうと、亀戸ホルモンへ。
R0017131.jpg

「ふくちゃんゴメン~」

「けどウマイウマイ」

などと言いながらゴンゴン飲む。

どぶろくを何杯おかわりしただろう?

スーさんもすごいピッチで杯を重ねる。

スーさんと僕の大好物、にんにくもお忘れなく。
R0017133.jpg



おなかいっぱいになり、店の外で並んでるヒトもいたので店を出た。

2件目のバーでマッタリ飲んでいると、ふくちゃん登場。

少し飲んで、今日はうちに泊まってもらうことになっていたので、

自宅で飲みながらリール談義。

フライのリールは基本的に「糸巻き」なので、

糸が収まればそれでよいのだが、こだわりを持ってるヒトが多い。

僕はその日届いたリールが嬉しくて、

カリカリ回してはニヤニヤしていた。

25時半撃沈。
R0017139.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キャス練
2006/11/25(Sat)
群馬の碓井湖へ。

事故渋滞で到着はお昼前。

イライラしてしまったけれど、

空気がうまくて紅葉がまぶしいので癒される。
DSC_0001.jpg


スーさんとつっちーさんとスペイのキャス練。

ロケーションも良く、竿を振ってるだけで気分がいい。

DSC_0028.jpg


アフタースペイは、つっちーさん宅の近くの焼肉屋さん。

つっちーさんの同級生の方が店長ということで、

すごいカルビが出てきた。
R0017061.jpg


しかも、「立つ」のである。(立ててみた)
R0017050.jpg


思わずおかわり。

わさび醤油でいただいても、唸る旨さ。
R0017057.jpg


というわけで、ホルモンに移行しても、焼酎がガンガン無くなる。
R0017059.jpg


「ここのラーメンがうまいのよ」

とつっちーさんが不敵な笑みを浮かべる。

たぶん、酔ったのを差し引いても、

今までに食べた中で最高にうまい醤油ラーメンだ。

ちなみに葱は、ご当地下仁田葱。
R0017067.jpg


つっちーさん宅に泊めてもらい、少し飲んでシアワセに撃沈。
この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いい酒
2006/11/24(Fri)
夕方から、某ジャスダック上場企業へ赴き、社長兼CEOと商談。

口頭ではあるが、僕の会社で仲介している金融商品を、

来年はじめからお付き合いしてくださるとの返事をいただいた。

社長のリクエストで、八丁堀の五鉄に行った後、

同じく八丁堀のワインバーへ。

酒屋が経営しているここは、酒屋での売値+500円で飲める。

金曜なので混んでいた。

肩と肩が触れ合う。屋台みたいでいい。
R0017011.jpg

R0017012.jpg

R0017016.jpg


シャンパンをしこたま飲み、酔っ払った。

社長に、いい店があるから行こう、とお誘いいただいた。

新宿へ。
R0017017.jpg


オールディーズ、70年代ロックがメインのライブハウス。

客も飛び入りで参加できる。

飛び交う音楽の中、社長は酔っ払った僕に、

「今日の話、信用していいんだよね?」と。

「もちろんです」

僕は満面の笑みで答えた。

実はハナから営業する気はなかった。

社長の、社長としての素養を学びたかったのがホンネ。

上場企業の社長と言えば、

黒塗りのクルマで高級料亭、銀座のクラブ、というコースが多いが、

社長は違っていた。若い社員を惹きつける何かをお持ちである。

こんな方と、ホンネでお付き合いしていきたい。

酔いながら、そう思った。

ジャニスの曲が、ココロに染みた夜。
R0017033.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スペイキャスティング大会
2006/11/23(Thu)
大会当日。

わさわさと大勢のひとが多摩川に集結。
R0016944.jpg


寒いので、コンビニの鍋焼きうどんが暖かくてうまい。
R0016966.jpg


なぜかホルモンを焼きはじめる。
R0016957.jpg


競技は真剣だが、こちらはマッタリモード。

いいもんですな。
R0016958.jpg


イアン・ゴードン氏に教わるスーさん。

決してケンカを挑んでるのではありません。念のため。
R0016952.jpg


DVDで観るのとはまったく違う。

ラインスピードの速さ、コントロール、

いろいろ勉強になる。

ヤバい。ハマりそう。
R0016979.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ビフォアスペイ
2006/11/22(Wed)
明日は多摩川にて、日本キャスティング協会(JCA)主催の

スペイキャスティングの大会。

会場の近くのビジネスホテルに前泊することに。

んで、そこのビジネスホテルの1階にある中華料理屋へ。

たいていこういうお店は、がっかりする味の事のほうが多いので、

まあ、腹が膨れて酔っ払えばいいや、ぐらいに高を括っていた。

が、このお店は見事に裏切ってくれた。

芝エビのエビチリ。

この時点で?

「ん?」

「うまいね~!!」

「うんうん」

「イケル!」

という会話が。
R0016912.jpg


ビールがグイグイすすむ。
R0016914.jpg


紹興酒を頼もうということに。

スーさんが、ロックのレモン割りを頼んだが、

燗付けを勧められる。
R0016919.jpg

うまい!
R0016921.jpg


ぎょうざが来た。
R0016925.jpg


皮がもっちりしていて、焼き目はパリッとしている。

油断すると服がベトベトになるくらいの肉汁が。

つっちーさんも、絶賛。

「もう2皿!」
R0016931.jpg


タンタン麺はご当地の味付けにしてもらったが、

我々にはすこし辛かった。

なっちゃんが頼んだ普通のが美味しかった。

スープを回し飲み。
R0016923.jpg


ウーロン茶の美味しさに感動。

鉄観音が効いててやさしい味。

中華料理の後に飲むのはつくづく理にかなっていると納得。
R0016930.jpg


道理で美味いと思っていたら、

こんな番組にも出てるお店だったのか。

やはり。
R0016934.jpg


気分良くホテルの部屋で飲んでシアワセに撃沈。
R0016935.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
またもや亀戸ぎょうざ
2006/11/20(Mon)
そして今宵も亀戸ぎょうざから。
R0016895.jpg


二日連続だが、やはりうまい。

野菜が多めで食べ飽きしないのがいい。
R0016896.jpg


二件目は焼鳥「畑なか」へ。

大好きな鳥わさ。
R0016898.jpg


芋焼酎でしっぽりと。

ああ、博多の屋台が懐かしい季節。
R0016899.jpg


にんにく焼。

小玉だが、ほんとうに美味しいにんにくであった。
R0016903.jpg


寒くなってきたので、葱の甘みも一層増してきた。

これだけでいい肴になる。

久々に葱で感動。
R0016905.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
亀戸ぎょうざにハマル
2006/11/19(Sun)
スーさんと亀戸へ。

昨夜の品切れ閉店の雪辱を晴らすべく(大げさか?)、

開店と同時に入店。

R0016858.jpg


やっぱりうまい。

あっというまに4枚ずつたいらげた。
R0016861.jpg


ごっつあんでした。
R0016863.jpg

この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アフタースペイ
2006/11/18(Sat)
晴れた。

どこだここは?と思ったが、

そうだふくちゃん宅に泊めてもらったのであった。

少々二日酔いである。
R0016809.jpg


今日はスペイキャスティングの練習。

スーさんは到着するや否や缶ビールを飲み始めている。

さすが。
R0016813.jpg


ふくちゃんも参加。初めてフライロッドを振ったとは思えない。

テンションの掛け方など、かなり研究熱心である。
R0016829.jpg


僕も怠け者には珍しく一生懸命練習。
R0016817.jpg


教えてくださったつっちーさんたちと、亀戸ぎょうざを

食べに行く予定であったが、

つっちーさんは事情で来れなくなってしまった。

スーさんと亀戸へ。

なんと19時に売り切れ、閉店していた。。。。

そこで二件目に行こうとしていた亀戸ホルモンへ。

なんとけっこうな行列。
R0016833.jpg


しかし頭の中はホルモンモード全開だったので、

グーグーお腹を鳴らしながら待つこと約50分。R0016834.jpg

来た!
R0016837.jpg

R0016836.jpg

R0016839.jpg

R0016844.jpg

R0016845.jpg

「アフタースペイはこれで決まりだね!」と

わけのわからない言葉を発しながら、グイグイ飲む。

スーさんも店内を流れる懐メロも手伝いご満悦の様子。

自宅へ。近所のあきも来てくれた。

つまみを作ってくれる。

結婚するなら、こんなヒトかな???
R0016850.jpg


まったりと焼酎を飲む。
R0016848.jpg


スーさんはいきなり柔軟体操を始めた。

さすがアスリートである。

僕は眠くなり、先に寝てしまった。R0016856.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
町田飲み
2006/11/17(Fri)
町田でふくちゃんうめちゃんと飲む。

あと、ますみちゃんも呼び出して囲炉裏のお店へ。
R0016773.jpg

R0016769.jpg

R0016766.jpg


けっこうな盛り上がりで、

続いてますみちゃんの知り合いのバーへ。
R0016780.jpg


けっこうベロベロでラーメン屋に行く。
R0016805.jpg


あまり記憶に無い。
R0016807.jpg


壁にかかっていた。

でっかい夢を。

R0016806.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新橋飲み
2006/11/16(Thu)
最近は新橋のオフィスに居ることが多くなった。

なおさんとひめと飲みに。

魚の美味しいお店へ。

R0016740.jpg

R0016742.jpg

R0016743.jpg


日本酒ぬる燗でちびちびと。

ブリ大根がうまい。
R0016744.jpg


一軒家の民家を改造した立ち飲みへ。

ボージョーレーをなんとなく。

R0016745.jpg

二階部分が貸切だったのでのんびり飲む。

R0016746.jpg


九州の郷土料理の店へ。
R0016750.jpg


入店する際、鉄なべぎょうざは何枚頼みますか?

と聞かれ、二枚と答えると、

「ちょっと多いかもね~」と言われ、一枚に訂正。

出てきて納得。でもお腹すいてたらイケちゃうかも。
R0016751.jpg


からしれんこんと芋の焼酎がベストマッチ。
R0016748.jpg


凛とした夜風に吹かれ、タクシーになだれ込んだ。
R0016752.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
亀戸ホルモン
2006/11/13(Mon)
移転した亀戸ホルモンへ。

少し広くなり、行列も緩和されたようだ。

店員さんも威勢がよく、なおかつ清清しい接客態度で、

みんなが気持ちよく飲める。
R0016717.jpg


まずは大好物の「レバーたたき」。

当然普通のレバ刺しもあるし、

それはそれで尋常ではない旨さなのだが、

軽くあぶったレバーはコクが出てまことにうまい。

たくさんのネギがかかっていて、こってりとサッパリの調和の妙。

こいつでビールをぐびぐびやると、ついニヤけてしまう。

R0016718.jpg


続いて牛タン。

初めて注文したが出てきてビックリ。

この分厚さは仙台でも見たことがない。
R0016721.jpg


焼くと硬くなるのではと心配したが、なんのその。

ちょこっとのっけたニンニクスライスが合う。

またビールをグビグビ。

すでに二杯目突入。
R0016723.jpg


さっぱりしたセンマイ刺しで口直し。

歯ごたえがいい。
R0016724.jpg


定番のホルモン。

臭みが残るからといって焼きすぎてはいけない。

それは絞めてから日数の経ったホルモンの話。

脂身の中にこそ、旨さが凝縮されている。

新鮮なホルモンでないと、どだい無理な話である。

R0016725.jpg


キムチといっしょに。

うまさ倍増。
R0016726.jpg


僕の好物、マルチョウ。

プニュっとした食感でノックアウトされる。
R0016728.jpg


オススメと書いてあったのではじめて注文したレンガ焼き。

次回来たら必ず注文するだろう。

ミディアムレアに焼いてほおばると、桃源郷が見えた。
R0016729.jpg


すでにどぶろくに突入していた。

軽く発泡していて、水代わりに飲んでしまう。危険。
R0016732.jpg


牛テール煮込み。

トマトソースが入っていて、箸を入れるとトロトロと剥がれる。

口に放り込むとトロトロと昇華していく。

ここでまた、どぶろくを口に含む。

笑いがとまらん。
R0016731.jpg


タンもと。

歯ごたえがあり、これもまた。。。。

R0016735.jpg


スープで〆て大満足。
R0016736.jpg


なんだかよくわからんが、亀戸はえらい!!
R0016738.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダメ人間万歳
2006/11/12(Sun)
朝、目覚めると、

富士山があった。

しばしボーっと眺める。
DSC_0109.jpg

いい天気になりそうだ。
R0016678.jpg

R0016675.jpg

R0016676.jpg



朝めしの準備。
DSC_0118.jpg


米を炊いて、
DSC_0130.jpg


昨日の地鶏スープに入れる。
DSC_0141.jpg

たまご投入、
DSC_0142.jpg

しらすと桜海老投入。
DSC_0143.jpg

ねぎを散らして完成。
DSC_0149.jpg

われながら完璧な雑炊の朝食。
DSC_0136.jpg


港へ。

ごきげんなあき。天気最高。DSC_0152.jpg

漁協へ。

DSC_0150.jpg


イセエビをどっさりゲット。
DSC_0155.jpg

海へ。
DSC_0167.jpg

炭をおこす。DSC_0165.jpg

まずは、シャンパンで乾杯。
DSC_0169.jpg

うまっ!!
DSC_0179.jpg

続いてロゼのシャンパン。

キンキンに冷えている。
R0016683.jpg

R0016685.jpg


いろいろ焼き始める。

DSC_0198.jpg

DSC_0201.jpg

いい風が吹く。
DSC_0192.jpg


マットを岩の上で干そうとして、
DSC_0204.jpg

DSC_0206.jpg

挫折するヒト。。。。
DSC_0207.jpg


海でおよぐ。けっこう水温は高いので、

そんなに寒くない。
DSC_0225.jpg

DSC_0223.jpg


寒くても、海からあがると、温泉があるから平気。
R0016691.jpg


なぜか馬刺し。
R0016695.jpg


風に揺れるイカそーめん。

日本酒がうまい。
R0016688.jpg


イセエビを焼くヒト。
DSC_0234.jpg

シアワセな、愛すべきダメ人間たち。
DSC_0237.jpg

DSC_0263.jpg

DSC_0260.jpg

DSC_0239.jpg


刺身もうまかったが、焼けたイセエビの味噌もうまかった。

立ち飲みのオヤジ。

「おばちゃん、もう一杯!!」
DSC_0270.jpg

DSC_0271.jpg


岩のてっぺんに登り、

喜びをポーズで具現化するヒト。DSC_0290.jpg

帰りは、うまいところてんを食べて、
R0016709.jpg


修善寺の温泉に立ち寄り、スッキリして帰路に着いた。

R0016712.jpg

R0016714.jpg


途中で夕食を食べ、渋滞が緩和されてから帰ろうと思ったが、

事故渋滞と工事渋滞にハマり帰宅が深夜になったことは内緒である。
この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
西伊豆キャンプ
2006/11/11(Sat)
深夜2時半。

西伊豆到着。

「ハラ減ったねえ~」

「やりますか!」

「やっちゃいますか!!」

・・・・というわけで、

深夜にホルモンを焼きながら呑み始める我々。

ダメ人間養成キャンプの幕開けである。
DSC_0077.jpg

DSC_0082.jpg


眠いがうまい。

DSC_0085.jpg


寝袋でそこらへんに寝ていたが、

ポツポツと雨。

次第に雨脚は強くなり、

「パリパリ!!」

なんとヒョウまで降ってきた。

キャンプ場に退避。タープを張ってひと安心。

R0016549.jpg


で、いきなりモーニングジンギスカン。
R0016554.jpg


すでに暴走は始まっていた。。。。
R0016585.jpg


我らが専属シェフのあきは何か作り始めた。

ハンバーグを焼いて、、、、
R0016605.jpg


デミグラスソース。。。。

周囲にえもいわれぬ香りがたちこめ、

ダメ人間たちが野獣と化す。
R0016557.jpg


も、もしや?
R0016602.jpg


!!!!

なんてこった。

ワインの消費量が一気に増えちまったじゃないか!!

ウマウマ。
R0016616.jpg


雨は止まないが気にしない。

負け惜しみじゃなくて、雨のキャンプもけっこう好きだ。
R0016572.jpg


キャンプ場に、

富士山が見える露天風呂もついているのである。

ステキな場所だ。

冷えた身体を温める。
R0016574.jpg


おいらは地鶏鍋の仕込み。

南部鉄器の大鍋に火を掛ける。

R0016559.jpg


鶏がらをぶち込んで、
R0016562.jpg


ゴボウささがきを投入。
R0016565.jpg


ゴボウがゴボゴボいってきたら、

日本酒をゴボゴボ投入。

日本酒はなんでもいい。
R0016570.jpg


地鶏を投入。

岩塩のみで味を決める。

材料に妥協はない。

シンプルに直球勝負。
R0016582.jpg


その間、鳥皮は酒のツマミになっていた。

地鶏の鳥皮、濃厚でうまい。

酒がすすむ。。。。
R0016587.jpg

水菜をどっさり洗って、R0016590.jpg


パラパラとまいたら、完成。
R0016597.jpg


このスープの透明度を見よ。

摩周湖より透明度は高い(僕の中では)。

三杯たてつづけにおかわりした。
R0016598.jpg


僕のいびき部屋も3分で完成。
R0016617.jpg


日が暮れて、すきやきの準備。

南部鉄器のすき焼き鍋を、七輪で十分に熱する。
R0016622.jpg


具財をゴチャマンと並べ、

今半の割下、日本酒を投入。
R0016624.jpg


完成。
R0016626.jpg


氷詰めのクーラーボックスで大切に護送されてきた日本酒がうまい。R0016631.jpg


気がつくと、雨も上がっていた。

露天風呂へ。
R0016672.jpg


星を眺めながら、極楽浄土を味わう。
R0016638.jpg


天気が回復し、

放射冷却で、気温はぐんぐん下がっていった。

焚き火タイム。

R0016642.jpg

R0016648.jpg

R0016652.jpg

R0016655.jpg


焚き火を見つめていると、

僕はいつも以上に寡黙になってしまう。

でも、それは僕だけじゃないようだ。R0016667.jpg


おやすみなさい。
R0016674.jpg


夜中、おしっこに行ったら駿河湾に浮かぶ星が幻想的であった。

明日は晴れる。
R0016670.jpg

この記事のURL | つれづれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
JAZZ
2006/11/09(Thu)
今宵はジャズナイト。

DSC_0074.jpg

DSC_0015.jpg

DSC_0017.jpg


焼酎のコーヒー割りがうまくて、何杯もおかわりしたら

悪酔いしてしまった。

飲んでるときは、最高に気分がよかったけれど。。。。

DSC_0069.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
名店発見
2006/11/08(Wed)
今宵はお仕事の話をしながら会食。

新橋のお店に連れて行ってもらった。

普通に歩いていると見過ごしてしまいそうな場所に、

その店はあった。
R0016540.jpg

R0016520.jpg

R0016522.jpg

R0016523.jpg

R0016525.jpg

R0016527.jpg

R0016528.jpg

R0016529.jpg

R0016531.jpg

R0016532.jpg

R0016536.jpg


うまい!!

また近々来たい。

ほろ酔いで、

きれいなおねえさんのバーテンがいるお店で軽く飲んで帰宅。
R0016542.jpg

この記事のURL | ビジネス | CM(1) | TB(0) | ▲ top
よっぱらっちゃいました
2006/11/07(Tue)
今日は某上場企業の女性陣の飲み会にお呼ばれ。

八重洲の焼肉店へ。

R0016481.jpg

R0016488.jpg

R0016490.jpg

R0016493.jpg

R0016497.jpg

R0016499.jpg

R0016501.jpg


ここのところ、仕事がらみの飲みが多かったので、

気分よく酔っ払った。

めずらしくカラオケに行って歌いまくって帰宅。

R0016504.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サーモンいいねえ
2006/11/05(Sun)
請戸川の朝。

調査の名目でサーモン釣りができるのだ。

僕はライセンスがないので今日はカメラマン役。

ただ、過剰な場所取り競争に僕は辟易してしまった。

何も休みの日までヒトと争うこともないだろうに。

まあ、みんな釣りバカなのでしょうがないか。。。。
DSC_0269.jpg



いきなり釣れまくる。

DSC_0274.jpg

DSC_0275.jpg

DSC_0276.jpg


なっちゃんパパ。僕と同級生。

初めてお会いしたが、

物静かだけど辛抱強くキャストする姿が印象に残った。
DSC_0395.jpg

DSC_0296.jpg

いちばん釣っていたつっちーさん。
DSC_0312.jpg

DSC_0356.jpg

スーさんもきっちりゲット。
DSC_0324.jpg

ギダさんのニコパチ。
DSC_0363.jpg


つっちーさんの81cm。

フライフィッシングに関しては軍曹として仲間内で恐れられている(←ウソですごめんなさいっ(笑))が、

ホントは気遣いが繊細でナイーブなヒトだと、

僕を含め仲間はみんな知っている。
DSC_0376.jpg


14時ストップフィッシング。
DSC_0426.jpg


オスは2尾まで持ち帰ってよい。

メスは採卵して孵化させ、川に放流するのだ。

そのサーモンが、大きくなってまたこの川に戻ってくる。

DSC_0427.jpg


バーベキューと芋煮。

この間もずーっと釣りの話。

DSC_0438.jpg

DSC_0440.jpg

DSC_0441.jpg


楽しい3連休の旅であった。
この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野営の楽しみ
2006/11/04(Sat)
今日もいい天気。

朝から釣りに。

O夫妻と合流。

DSC_0208.jpg

DSC_0211.jpg

DSC_0212.jpg



ウエットとニンフで試したが、出ない。

スーさんが、

「ドライででたよ~」

というので、真似てみると、

「ポコッ!!」と魚体の半分を水面の上に出して食った。

チビニジくんが2尾。

橋の上から見ると、50アップもちらほら居るんだけどな~。

ここで先日63センチも釣れたそうな。

DSC_0226.jpg


みなさんと別れ、スーさんと二人で福島へ移動。

請戸川の近くのテン場へ。

新しいテント、ゴアライトを買ったので、

嬉しくて設営。

3分で設営完了。すばらしい!

DSC_0233.jpg

カニをゲットした。

カニ好きカニカニ星人のスーさんがニカニカ笑っている。
DSC_0241.jpg


まったり。

DSC_0245.jpg

DSC_0251.jpg

DSC_0260.jpg

DSC_0263.jpg

DSC_0264.jpg

日本酒を熱燗にして甲羅に注ぐ。

スーさんと回し飲み。

「いやー、うまいうまいうまい!」

とスーさんもご満悦。

「自宅でもやろうかな?」

「いやー、ここでこうして飲むからウマいんですよー」

というと、うんうんと納得していた。


幸せな気分で寝袋にもぐりこんだ。
DSC_0261.jpg


この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2006/11/03(Fri)
僕の釣りは旅である。

「魚を釣ることだけ」が目的ではない。

その土地の風景を眺め、

いろんな出会いがあって、

うまい地酒を飲み、

温泉があれば最高だ。




夜通し約500キロの道のりを走って鬼首温泉へ。

明け方到着。
DSC_0130.jpg


美しさに言葉が出ない。
DSC_0135.jpg


霜がおりていた。

それもそのはず、クルマの寒暖計は1℃を差していた。
DSC_0136.jpg


カメラを片手に散歩。

空気がうますぎる。

DSC_0139.jpg


釣り場へ。

「釣り人の性でね~、ちょっとやってきますよ~」

釣り仲間兼飲み仲間のスーさんは早速釣り始めた。

DSC_0142.jpg


僕はコンビニで買ったおにぎりとカップめんの朝食。

ウマウマである。

外で食べるカップラーメンは、どうしてこんなにうまいのか?

DSC_0144.jpg


ウエットでもニンフでも釣れないので、

ウイスキーを飲んで「ふて寝」。

徹夜で運転したから、爆睡した。

いびきで魚が逃げたかもしれない。。。。

DSC_0152.jpg


どうも反応が悪いので、

「いっちゃう?」

「いっちゃいましょう!」

すぐに合意して早上がり。

蕎麦屋へ。

DSC_0163.jpg


目が覚める瞬間。
DSC_0166.jpg


地酒もてんぷらもそばも文句ない。
DSC_0171.jpg


近くのキャンプ場に、スーさんの釣り仲間がいらっしゃっているという。

ロケーションがすばらしい。

こんど泊まりたいキャンプ場だ。
DSC_0174.jpg


スーさんの釣り仲間で、岩手在住のO夫妻。

「かっこいい」大人のキャンプを展開されていた。

DSC_0178.jpg


その後、近くのかんけつ泉へ。

DSC_0187.jpg


「熱湯注意」と書いてあるのにあえて指先を入れ、

「アチ!アチ~!!」と叫ぶスーさん。

そんなスーさんが、僕は好きだ。そっちの気はないけど。。。。

DSC_0189.jpg


いきなり、

「プシュー!!」と水しぶきがあがった。

10分間隔くらいらしいので、すぐに見られてラッキーであった。

DSC_0192.jpg



DSC_0196.jpg


ペンションに戻り、温泉に浸かる。

DSC_0198.jpg


ヒルネをしたら、昼と夜が逆転してしまい、

「国内時差ボケ状態」であった。

でもディナーは最高においしい。

ペンションのマスターと、すこし深い話をして眠りについた。

新たな楽しみができた。

DSC_0199.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
結婚パーティー
2006/11/02(Thu)
釣り仲間である「れれ」の結婚パーティー。

銀座の会場へ。

DSC_0002.jpg


式自体は、ご家族と身近なご親族だけで行われたとのこと。

今日は20名ほどの仲間が集まった。
DSC_0013.jpg


旦那さんもダンディーかつユーモアに満ちた方で、

バーベキュー好きとのこと。

是非お友達になりたい。

れれも、気のせいか、いや、間違いなく綺麗になっていた。

DSC_0009.jpg


僕はそのまま東北に旅立つのでお酒は飲めなかったが、

楽しい時間であった。

最後に、事前にいろいろ準備に奔走したKちゃん、

お疲れ様でした。

DSC_0105.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ああ~
2006/11/01(Wed)
若い社員と飲んで別れ、

ひとりで飲みたいと思い、

むかし汐留勤務のサラリーマンだったころに通っていた

懐かしいてんぷら屋さんへ。

安くてうまいので、よくお世話になった。

白波の一升瓶を2000えんでキープして良く仲間と飲んだものだ。

僕が産まれた年に出来たそのお店は無くなっていた。

時代はめぐる。

しばし僕はその場に呆然と立ち尽くすのであった。

ああ~。

R0016476.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。