スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
釣り納め
2006/12/28(Thu)
本栖湖へ。

ひとり、今年のことを振り返りながらのんびりキャンプ。

途中、つっちーさんやなっちゃん、パパさんとも合流。

三日間で1回のあたりと、1尾かろうじて釣り上げた。DSC_0029.jpg

DSC_0036.jpg


今年は、仕事面でけっこうキツかったのだが、

来年は健康に留意して、ゆるーく行きたいと誓う。

今年過ごした、出会った人たちに感謝しつつ、

来年もいい年になりますように。DSC_0027.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本栖湖通いの準備
2006/12/24(Sun)
本栖湖に使うフライを巻き巻き。

渓流はオフシーズンだけれども、

僕にオフシーズンなど存在しないのだ。

そして今宵も巻き巻き。
R0017676.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キャスト練習
2006/12/23(Sat)
群馬の碓井湖へ。

ふくちゃんうめちゃんスーさんと、

つっちーさんに師事しながらいろいろ教わる。

びよーんとラインが伸びる快感は、当事者でなければわからない。

ふくちゃんも2回目にしてスペイキャストになっていた。

スペイキャスティングを最短でマスターできる環境と先生が居て

つくづくシアワセなことだと思う。

何より、楽しいから。

DSC_0004.jpg

DSC_0024.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東京のおばあちゃんち
2006/12/20(Wed)
河本へ。

煮込みとホッピー。
R0017654.jpg


白黒写真で撮影しても、まったく違和感が無い。

2006年、東京のど真ん中なのに、

おばあちゃんちに帰ったような錯覚に陥る。
R0017657.jpg

R0017658.jpg


やさしい味とお店の佇まいに、安堵する。
R0017663.jpg


僕が、一生忘れない風景が、これ。
R0017665.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(1) | TB(0) | ▲ top
スノボ
2006/12/18(Mon)
チューンに出してた板が届いた。

さあ、今シーズンも滑りまくろう!

出来れば温泉付きで♪
R0017633.jpg

この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天竜川フライフィッシングミーティング
2006/12/17(Sun)
朝は昨夜の真鴨エキスが濃厚に凝縮された出汁で雑炊。
R0017549.jpg


温まる。
R0017552.jpg


テントなどを撤収、会場へ。

今日は漁協主催の天竜川フライフィッシングミーティング
R0017556.jpg


わらわらと人が川に向かっていく。
R0017555.jpg


フライフィッシングの著名人によるデモンストレーション。
R0017560.jpg

そんなこととは関係ないもんね、と言わんばかりに

お酒を持ち込むスーさん。

一升瓶が、これほど似合う人もめずらしい。
R0017564.jpg


七輪でいろいろ焼いていく。
R0017573.jpg

R0017595.jpg

R0017572.jpg



スペイキャストの練習をするふくちゃん。
R0017592.jpg


酒臭い息を吐きながら?うめちゃんの指導にあたるスーさん。

R0017593.jpg


まったりと、いい時間が過ごせた。
R0017596.jpg


天竜川漁協の主催なのだが、釣り仲間の久保田さん

が中心になって盛り上がったイベント。

準備は大変だったと思うが、

地元の活性化に大いに貢献した意義深いイベントだったと思う。

若い力って素晴しい。って僕も若いけど。。。。

帰りは、ゆったりとお風呂に浸かってから帰路に着いた。

充実。

R0017607.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真鴨さまと楽しい宴
2006/12/16(Sat)
天竜川での釣り。

初めてということもあり、勝手がわからない。
R0017485.jpg


つっちーさんに、オーバーヘッドキャスティングを教わる

ふくちゃんうめちゃん。
R0017497.jpg



クルマのルーフボックスの鍵を忘れてしまい、中に入っていた

ウェーダーが取り出せなかったが、

今夜の食材である真鴨が入ってなくて良かったと心から思う。

釣りは早めに切り上げて、鍋の仕込み。

火の番はスーさん。
R0017499.jpg


徐々に暗くなり、いい雰囲気になってきた。
R0017523.jpg



つっちーさんが持ってきてくれた下仁田葱。

そもそも、この葱と真鴨のコラボレーションを、僕の頭の中で

妄想し続けていたのだ。
R0017508.jpg


酒も文句なし。
R0017509.jpg


その旨さに、のけぞりそうになる。

R0017521.jpg


火を囲み、かなり盛り上がった。

こんなに楽しい宴は久しぶりだ。
R0017511.jpg


いいねえ。
R0017544.jpg

R0017543.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天竜川へ
2006/12/15(Fri)
めいめい仕事を終え、東名をひた走り、

天竜川へ。27時到着。

降るような星空に声をあげた。

寒いので熱燗などを飲み始める。
R0017464.jpg


道中は眠かったはずなのに、スイッチが入ってしまった。
R0017468.jpg


「やっっちゃう?」

「やっちゃおう」

とクルマから七輪を引っ張り出してきて鳥ハラミを焼く。
R0017480.jpg


うめちゃんが持ってきてくれたニンニクも。

バターと塩コショウが絶妙にうまい。
R0017476.jpg


山の稜線から、月が顔を出した。

早くも楽しく危険な?週末が始まってしまった。
R0017484.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
銀座のよる
2006/12/13(Wed)
なおさんとかんちゃんと霧生先生のジャズライブへ。

お腹が空いてもう、トランペットの音と、

お腹がぐうぐう鳴る音とが共鳴していたので、

会場から程近い、銀座のたらふくまんまへ。

本店が博多なので、昔よく行っていた。

かんちゃんが、ナマコが食べたいというので。


R0017611.jpg

R0017612.jpg


刺身は、すばらしいの一言。
R0017614.jpg


アスパラのバターソテーを頼んだら、アワビも付いてきた。

なんてこったい。アワビも柔らかくてうまい。
R0017617.jpg


金目の煮付け。
R0017620.jpg


もう、奪い合い。

会話が無くなる。
R0017623.jpg


気を遣わず、おいしいお酒であった。

気分良くタクシーへ。24時帰宅。

R0017619.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神戸観光
2006/12/10(Sun)
弟の結婚式の翌日。

神戸観光である。

ロープウェーでハーブ園へ。
DSC_0377.jpg


結婚式で来たのに、ちゃっかり観光までしてしまうところは、

タダでは転ばない家系のたくましさの象徴であろう。
DSC_0420.jpg


祖母とひ孫との激しいデッドヒート。
DSC_0435.jpg


勝者の微笑み。
DSC_0438.jpg


のんびり、植物を愛でる。
DSC_0440.jpg

R0017440.jpg

R0017441.jpg

R0017454.jpg

R0017455.jpg

R0017456.jpg

R0017457.jpg

R0017460.jpg

R0017461.jpg


ロープウェーで下に降りたところが新神戸駅。

そのまま東京へ。
DSC_0491.jpg

この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
門出
2006/12/09(Sat)
今日は弟の結婚式。
DSC_0053.jpg


懐かしい顔ぶれに、ホッとする。
DSC_0038.jpg

DSC_0048.jpg


小さい頃から、よく喧嘩していた弟。

いい奥さんをもらって、本当によかった。

式の途中、いろいろ回想してしまい、

不覚に涙腺が緩んでしまったのだが、

彼の優しさと強さには兄も及ばない。
DSC_0078.jpg


間違いなく幸せになれるだろう。
DSC_0335.jpg


式終了後、大型タクシーで神戸に移動。
DSC_0343.jpg


本人たちは、二次会に突入したが、親戚一同で食事会。
R0017337.jpg


極上しゃぶしゃぶ。
R0017352.jpg


文句無く旨かった。
R0017366.jpg


でもこうして、親戚一同が会せる場所があるって、

つくづくシアワセなんだなあ、と式が終わっても感慨深くなる。
R0017348.jpg


かなり盛り上がった。
R0017392.jpg


神戸の夜景を眺めながら、幸せに撃沈。
DSC_0348.jpg

この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大阪へ
2006/12/08(Fri)
大阪へ。

のぞみの中で食べる柿の葉寿司が妙にうまい。
R0017302.jpg


エビスビールを飲んでしまったので、ブレスケアを口に放り込んで、

とある会社に赴く。

小一時間ほど、中国の市場に関するビジネスの構想について話す。

お話した専務は、来年早々には視察に行くという。

資金も潤沢にあり、面白いことになりそうだ。

僕が絡むとしたら、人材の部分あたりだろうか。

ホテルにチェックインして、部屋でノートパソコンを広げて仕事。

なんだかビジネスマンみたいだ、とひとり悦に入る。

やがて全国から親戚が集まり、ホテル近くの気さくなイタリアンへ。

明日は弟の結婚式なのだ。
R0017312.jpg


まずは生ハム盛り合わせ。ビールに合う。
R0017318.jpg


イカ墨パスタ。生めんのツルツル食感がいい。
R0017303.jpg


ふぐのリゾット。

ふぐの風味はあったが、身どこにあるのか分からなかった。。。。
R0017304.jpg


これは何だったか?失念。。。。

ともかく、

朝から柿の葉寿司だけだったので、がっついてしまう。
R0017311.jpg


うずらの肉。

ワインがすすむ。

ワインのセレクトは、詳しい甥に任せた。
R0017313.jpg


千葉のおじさんが魚がいいというので、店員さんにお願いして

アレンジしていただいた。
R0017321.jpg


程よく酔って、もう一件行こうということに。

弟は式の準備があるので帰っていった。

串揚げの店。というより、

「イタリアンもいいけど、焼酎飲みたい」

という意見に、全員一致。
R0017322.jpg


串揚げをつまみに、しっぽりと飲む。

「やっぱりワシらは、こういうところが落ち着くよね」

と、こちらも満場一致。

僕は八丈島の鬼火で気持ちよくほろ酔い。

大阪のよる。
R0017323.jpg

この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ふゆじたく
2006/12/07(Thu)
ここ2ヶ月は仕事を頑張りすぎたので、

少々ココロの根っこあたりが疲れている。

僕にしてはめずらしく飲みの誘いを断りながら、

ひとり家で過ごす夜が好き。
R0017118.jpg


フレンチローストのコーヒーを、

丁寧に丁寧にドリップしてひと息。

ぼくのふゆじたく。
R0017125.jpg

この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
経営感覚
2006/12/06(Wed)
M社長と食事。

今宵はふぐ。

R0017281.jpg


M社長とは腐れ縁だ。

足りないものを補いながら、助けたり、助けられてきた。

R0017283.jpg


ビジネスのビジョンは、

別に会議やブレインストーミングから産まれることは殆どなく、

こうしてダラダラ飲みながら新しい発想が産まれることが多い。

R0017290.jpg

R0017289.jpg


経営者の悩みは経営者にしか解らないので、

こうしてしっぽり飲むことは僕にとってとても大事な時間なのだ。
R0017287.jpg


5年後はおろか、3年後もどうなってるかわからない時代。

やれるだけ、やってみようと、酔いながら話す。

男2匹の夜。


R0017292.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
家鍋
2006/12/04(Mon)
今宵は自宅で鍋。

ひとりじゃ寂しいので呼びかけたら、

なぜか髭面三人衆の集まりに。

それはそれで、ゆるーくいいお酒が飲めたとさ。

ゆるーいのが、好き。
R0017266.jpg

この記事のURL | 呑み | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本栖湖
2006/12/03(Sun)
丹沢の朝。

ひとりで散歩する。

しばらく勾配のきつい坂を登ると、ハアハアゼイゼイと息が上がる。

運動不足を痛感。
R0017226.jpg


本栖湖方面へ。

途中、スーさんオススメのうどん屋さんへ。
R0017240.jpg


きんぴらうどん。うまい。

でも、昨日の鍋焼きうどんのほうが、僕は好きだ。
R0017236.jpg


本栖湖に到着。

あいにく富士山が隠れて見えない。

「日ごろのおこないですねえ~」

と、なっちゃんにたしなめられてしまった。
R0017243.jpg


先週はコンディションが良かったらしく、

ここで79センチのニジマスが上がったワンド。
R0017246.jpg


ロケーションは良いんだけれど、ハッチも無く、全員不発。

でも、いいキャス練になった。

負け惜しみだけれど。

身体が芯から冷えたので、帰りに寄った温泉が有難かった。

夕食を食べ、渋滞が緩和されてから帰宅。

またまた充実しまくった週末であった。R0017247.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
河口湖→忘年会
2006/12/02(Sat)
金曜日の夜のうちに河口湖へ。

テントに寝たらテントが凍ってパリパリになっていた。

モーニング熱燗がうまい。
R0017169.jpg


なかなか釣れなかったが、ポイント移動してつっちーさんにヒット。
R0017177.jpg


魚はいるんだけどなあ。
R0017190.jpg



結局つっちーさん2尾でお昼にあがり、移動。

途中、鍋焼きうどんを食べる。

うまい。
R0017197.jpg


丹沢ホームに到着。

今宵は某釣具メーカーの忘年会にお呼ばれなのだ。

どうだと言わんばかりの、肉。
R0017199.jpg


つっちーさん差し入れの、下仁田葱。
R0017198.jpg


この時は、みんな真剣。
R0017203.jpg


完成。
R0017206.jpg


肉ももちろん旨いが、葱も旨い。

楽しく盛り上がる。
R0017202.jpg


後半は、鍋。

こちらも旨い。日本酒がススム。R0017210.jpg


結局、日本酒が4升近く空いた。

23時頃、シアワセに撃沈。
R0017212.jpg

この記事のURL | 釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さよならセフィーロワゴン
2006/12/01(Fri)
クルマが壊れて困っているという話を聞き、

セフィーロワゴンをお譲りすることになった。

クルマも、3台も要らないので売りそびれていただけなのだが、

朝、軽く洗車していると、

「こいつでよくあちこち行ったなあ」

と、妙に感慨深くなる。
R0016986.jpg



売りそびれていた理由のひとつに、

ロッドホルダーが付いていることだったのだが、

買ってくださる方も釣り師なので、ちょうど良かったのだ。
R0016988.jpg


スタッドレスタイヤを積んで、車庫へ。

クルマとしては、とても使いやすくていいクルマだと思う。

間もなくして、旅立っていった。

ありがとう、セフィーロワゴン。
R0017003.jpg
この記事のURL | つれづれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。